iAdsで初日約14万円を売り上げた開発者

iPhoneアプリの開発者であるJason Ting氏は、自身のiPhone 4の無料アプリでiAdsが1日で$1,400の売り上げをあげたことを公表している。Ting氏のアプリがアップストアにリリースされたのは昨日のこと。iPhone4の新機能であるフラッシュをLEDのフラッシュライトに変えてくれる機能だという。アプリのダウンロード数はそこそこだったが、彼が驚いたのはiAdサポートのあるバージョンの統計だった。

Ting氏によると、無料アプリ単体で初日$1,372.20を売り上げた。アプリのeCPM(1,000インプレッションによる売り上げ)は驚異の$147.55。この数字がとてつもなく高いことは言うまでもない。eCPMはインプレッションとクリック数のコンビネーションで算出されているという。

アップストア登場初日のTingの統計データ:


今朝TIng氏からのメールで、無料アプリのダウンロード数は9,000回だったことがわかった。またどういったiAdsが提供されているのかを聞いてみたところ、「今のところ表示されているiAdsはDoveとニッサンのものだけのようだ」とのこと。

iAdsはiPhoneユーザにとってまだまだ新しい事象であることが高いクリック率につながり、高い売り上げをだしていると言える。これがずっと続くとは限らない。iAd広告をクリックすると、スクリーンが広告でいっぱいになり、広告が完全に表示されうと広告のインタラクティブ性を楽しむことができるという。

iAds Generate $1,400…

メールアドレスが公開されることはありません。