ソーシャルコマースが生む売り上げ&トラフィックを”Eventbrite”が公開

1回のツイートの価値は?サンフランシスコに拠点を置く”Eventbrite”にとって、1回のツイートには43セントの価値があるんだそう。オンラインでリアルイベントを作成したり、探したり、参加したりできる”Eventbrite”が、ソーシャルコマースに関する数字(共有から生まれるキャッシュとトラフィック)を公開したよう。彼らいわく、イベントほどソー シャルなものはない、と。イベントのチケットを購入したとき、人はそれを共有したがるし、その体験を友達に話したがる。

“Eventbrite”のシンプルなウェブベースのサービスを活用することで、イベントを告知し、チケットをオンラインで販売することができる。さらに、Facebookやツイッターなど主要なソーシャルメディアと連携させることで、イベントの主催者にオーガニックなソーシャルディストリビューションを提供しています。今回 の”Eventbrite”の独自調査でわかった結果は、

■共有されることで生まれるキャッシュ
ソーシャルメディアでユーザが友達にイベントを共有すると、このアクションはキャッシュに直結している。”Eventbrite”の直近(過去12週間)のデータでは、Facebookでの共有は2.52ドル、ツイッターでの共有は0.43ドル、LinkedInは0.90ドル、さらにEventbrite 独自のEメール共有のツールでは、1回の共有が2.34ドルのチケット売り上げに繋がったそう。

■共有されるごとに生まれる訪問数

ソーシャルグラフのとてつもなく高い”relevancy(関連性)”は、より深いエンゲージメント、高い売り上げを生む。”Eventbrite”の企業サイトへのトラフィックの一番のレファレンスサイトはFacebookで、検索エンジンのグーグルを抜いている。友達が紹介・共有しているイベントの 情報からサイトに遷移してくることが多い。平均すると、1回ユーザがFacebookでイベントを共有する度に11回の訪問があるそう。またFacebookやツイッターなど各種チャネルの平均では、1回共有されるごとに”Eventbrite”への訪問が7回増えているそう。

具体的にどういった方法で今回の数字を算出しているのかは不明だけれど、解析ツールは全部自社開発していると。ちなみに、”Eventbrite”の基本使用料は無料、成果報酬型でチケット販売価格の2.5%と、チケットごとに0.99ドルを支払う仕組み。彼らに支払う額は、マックス9.95ドル。今年彼らが販売したチケットの売り上げ総額は2億ドルで昨年の倍。今年頭に、2000万ドルの資金をSequoia Capital、DAG Ventures、Tanaya Capitalから受けている。

Social Commerce: First Look at the Numbers

Social Commerce
Event ticketing made social through Eventbrite

One Comment

メールアドレスが公開されることはありません。