子どもから大人まで、今年のクリスマスに欲しいのはアンドロイド

今年のホリデーシーズン、iPhoneは欲しいものリストのトップではないようだ。ニールセンが行った調査結果。iPhoneではないスマートフォンへの関心が高まっています。これは、AT&TさんのおかげでiPhoneがアメリカの3分の1でしか使用できないことに起因しているかもしれない。もしくは、アンドロイドがこれまでになく魅力的な商品になっているのかもしれない。

さまざまなエレクトロニクスデバイスのうち、6-12歳の子どものハートを射止めているのはiPadで、将来的に購入したいとの回答が31%。 iPod Touchも同じく人気でコンピュータと同じくらいの関心を集めており、ニンテンドーDSやソニーのプレイステーションポータブルを抜いている。

Nielsen Wire: Kids in the US Eyeing Big

Silicon Ally Insider: Android Phones Will Sell Well This Holiday Season

メールアドレスが公開されることはありません。