待望のGoogle Editionsが米国で年内にリリース。国際的には来年第一四半期

今年の6月にもローンチされると噂されたグーグルのブックストア”Google Editions”がついに年内にリリースされるそう。アマゾンのキンドルやアップルのiBookstoreとは異なるモデルを採用している点に注目。ひとつのオンラインストアで電子書籍を購入するのではなく、ユーザはグーグルもしくは個別の書店からの購入を可能にし、それをグーグルアカウントに紐づける。

ユーザはどこにいようと、またデバイスを問わず、購入した電子書籍を読むことができる。これまで何度もローンチ時期についての噂があったけれど、今回に関してはグーグルのプロダクトマネジメントディレクターのScott Dougall氏が、「米国での2010年末のサービス提供の準備は完全に整った。世界展開は2011年の第一四半期に行う予定」とコメント。

ローンチ時のグーグルのパートナーや、出版社とのレベニューシェアに関しては現時点ではまだ不明。

Google Bookstore is Coming Soon

メールアドレスが公開されることはありません。