お気に入りをウェブサイトにしてくれるソーシャルマガジン“NewsMix”

ツイッターやFacebookといったソーシャルメディアは、コミュニケーションの場だけでなく、人々があらゆる情報を入手する場所になりつつあります。友達、同僚など、自分に近しい人たちが集まるソーシャルメディアには、自分にとって関連性の高い情報が自然と集まります。そんな情報のキュレーターとしてのソーシャルメディアの力に目をつけたiPadアプリがソーシャルマガジン“NewsMix”です。

ソーシャルマガジン“NewsMix”

“NewsMix”は、まるで雑誌を読むような感覚でオンラインニュースを読むことができるiPadアプリ。好きなサイトのRSSの登録や、Google Readerのアカウントと紐づけることもできます。また、ツイッターやFacebookのアカウントと連携させることで、それぞれのソーシャルメディアで自分の友達が共有している情報も取り込んでくれます。各種ニュースは、テクノロジー、スポーツ、ライフスタイルといったカテゴリごとに確認できる。ソーシャルメディアとの連携、RSSの登録などは、左上のNEWSMIXのロゴをタップすることで行えます。

“NewsMix”の操作性

アプリのつくりは至ってシンプル。ニュースの各カテゴリをタップすると、あとは縦にスクロールすることでニュースを読み進めます。個別のニュースをタップすることで、共有したユーザとツイート内容、さらに記事の内容を表示。またシェアされている写真だけ、動画だけを見るセクションもアプリ右上に用意されています。 アプリも背景画像はいくつかありますが、自分の写真ライブラリから好みの画像を設定することも可能です。

ニュースの取得から発信まで

“NewsMix”のコンセプトは、以前にご紹介した“Flipboard”にかなり近いものがありますが、“Flipboard”がより情報を閲覧する側面が強かったのに対して、“NewsMix”は情報を共有・発信することも可能にしています。個別の記事を開くと、右上の矢印マークからツイッターやFacebookにも共有できるようになっています。コメントつきリツイートもできます。その他にも、[Share]というメニューから、Eメールで送信、Instapaperに送って後読みすることもできます。

ウェブやその他の機能

もうひとつ“NewsMix”の特徴は、ユーザごとにHTML5のウェブサイトがつくられること。“NewsMix”のアプリ内でお気に入り登録したすべてのニュース記事が表示されます。キュレートされた新聞の“Paper.li”などに近いものがあります。記事はウェブサイトには完全に表示されず、途中から掲載元のサイトに移動して読む仕組み。また、ウェブサイトに掲載されているニュース記事をPDF形式で好きなメールアドレスに送ることができます。記事の数を選ぶことができ、新しい記事から送られます。

話題になっているニュースから、友達や同僚が発信するニュースまで網羅できる“NewsMix”。日本語はたまに文字化けしていることがあったり、カテゴリが正確でなかったりするので改善の余地はある感じ。今後、月額課金のサブスクリプションなども検討していくそうです。 “NewsMix”は115円でダウンロードできます。

※このポストは株式会社ビルコムが運営するiPadStationの特集記事として執筆したものです。