オリジナルパックで楽しめる「みんなでつくるタウンガイド”Square Clip”」

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

グルメ情報サイト「ぐるなび」から、位置情報を取り入れた新しいiPhoneアプリ“Square Clip”がリリースされました。スタンプラリーのような自分だけのパックをつくったり、お店にチェックインしたりして楽しめるアプリです。

アプリを起動するとまず並んでいるのは人気パック一覧。暑いこれからの季節には嬉しい「エクストラコールドが飲める店」なんてパックがあったり、「300円以下で食べられるチェーン店」なんてパックも。そして個人的にめちゃ嬉しい「電源が使えるカフェ」なんてパックも。全体的に男子的なパックが多いので、わたしもさっそくパックをつくってみました。

「カップケーキ屋さん」パックをつくってみた

普段から可愛いカップケーキ屋さんに足を運んでいるので、「カップケーキ屋さん」パックをつくってみました。

パックを開くと、現在地に近いお店順に表示してくれます。わたしが行ったことあるカップケーキ屋さんは10件弱なのだけれど、まだまだ発掘できていないお店もあるはず。このパックは作成者であるわたしが、誰でも編集できるように設定しているので誰でもお店を追加することができます。パックを編集可能にするかどうかは作成者が決められて、自分だけ、友達まで、誰でもから選べます。

スポットという場所の情報は、飲食店から美容院まで幅広いお店が登録されています。お店が見つからなかった場合は自分でスポットを作成することも可能。また、スタンプラリー的にパックに入っているお店にどんどんチェックインして「あなたのチェックイン達成状況」なんでものも見られます。

パックをつくってみよう

パックにはぐるなびが作成するオフィシャルパックとユーザなら誰でもつくれるパックがあります。パックの作成はSquare Clipのウェブサイトから行います。パックの名前や説明文、画像や公開設定を選ぶ。次にスポット登録。お店の名前で検索をしてデータベースから探すこともできるし、お店の情報がなければ新規にスポットを作成しましょう。

お店にチェックインするほかにも、写真を投稿したり、その写真をTwitterやFacebookに投稿することができます。パックはお気に入りに登録したり、いいね!したり、またコメントすることもできる。お店に関する情報をもう少し入力できたら嬉しいかも。参考になるブログ記事とか、それこそお店の公式ホームページとか。

ユーザに使い方を発見してもらう

かなりシンプルなつくりになっている「SquareClip」。いちばん最初にアプリを試したとき、けっこういろいろな機能があったのだけれど、余計な機能は削ぎ落として最終的にシンプルなものに出来上がりました。

ユーザに自ら使い方を編み出してほしいということで現状はとってもシンプル。遊び心が足りない部分もあるのだけれど、実際にユーザがアプリをどう使ってくれるかをみてそれを良い具合に反映していきたいと考えているそう。パック次第で誰にとっても便利になれちゃうアプリ。みんなのタウンガイドというコピーのとおり、チェックインではなくてあくまで便利に使ってもらうことを念頭においてる。

友達とだけ共有するパックをつくるも良し、みんなに公開してどんどん生成されるパックをつくるも良し。「Square Clip」のあなたなりの楽しみ方を発見してみてください。