これ欲しい!ってものを写真で共有する位置連動のウィッシュリストアプリ“WANT!”

またまた写真共有サービスがリリースされたよ。お出かけしていて、買い物をしていて、どんなシーンでも欲しいものを見つけたらそれをパシャッとカメラに収めてこれ欲しい!と友達に共有するアプリです。その名もシンプルに“WANT!”。

とってもシンプルなアプリで、タブは[my feed]、[WANT!]、[most wanted]の3つだけ。何か欲しいものを見つけたらまずWANT!タブから投稿。ライブラリに入ってる既存写真もアップできる。そしたら”What do you want?”の入力欄に写真のタイトルを入力。見つけた場所を紐づけることもできる。最後にTwitterやFacebookなどにも投稿する場合にタップして(色がついたら選択できたという意味)選択。あとは”share!”するだけ。

myfeedには色んな写真が流れてくるので自分も欲しい!というものがあったら”also wanted”をタップしてね。写真をタップすると個別のページになるので、そこで写真にコメントを残すこともできる。わたしも欲しい!をした写真をTwitterやFacebook、Eメールなどで共有することもできる。

most wantedはアプリ内でみんなに一番欲しがられてるものがわかっちゃう。ネックレス、靴、本とかアイテムごとに人気なものが見られる。右上のnearbyをタップすると自分の現在地を反映したmost wantedを見ることもできる。アップルストアのプレイセット、可愛い。

各種設定はmy feedの右上に表示されている自分のアイコン写真をタップしてね。自分のwant list(欲しいものリスト)、フォロワー関係がわかる。欲しい!した写真を削除する場合もここからできます。自分のページの右上にあるsettingから、アプリを使っている友達を探したり、共有設定なんかも変更可能。みんなの欲しいもの写真やリストはウェブサイトでも確認できる。URLがもっとわかりやすいと直打ち行けていいんだけど。

ちょっと前に、アメリカでは一般的なGift registration(ギフト登録)みたいなサービスがあったらいーのに、ってつぶやいたら沢山の方が賛同してくれた。こんな感じでwishlistをつくるのも楽しいかも。Facebookとも連携できるので、友達の誕生日とかプッシュ通知してくれたらいいかもね。

ウェブサービスのWishlistだと大掛かりというか、もらう前提で選ぶからちょっぴり大掛かり。でもWANT!なら例えばちょっと休憩のときに行ったコンビニの新スイーツなんかも気軽に撮れるから良いかも。位置情報でお店を紐づけておけば、お友達がギフトにくれる可能性が高まるかも!?