読んだ記事をすべて見られるRSSリーダー的サービス“Hearsay”

溢れるコンテンツのどれを読んでどれを読まないか。その判断基準になっているのがTwitterやFacebookで同じ関心を持つ人たちのフィルタリングだったりする。このフィルタリングがなければ情報量が多すぎて、とてもじゃないけど追いつけない。って思うけど、何を共有して何を共有しないかをいちいち選ぶのは面倒。読んだものをすべて共有するサービス“Hearsay”が誕生したよ。

FlipboardとかPulseみたいなソーシャルマガジンやRSSリーダーなのだけど、読んだニュースをすべて共有できる。わたしが読んだすべてのニュースが一覧になってわかる。記者は特に、そうでなくてもみんな相当量のニュースを毎日読んでいるけれど、実際にツイートやFacebookへの投稿という形で共有されるのはほんの一部。

いちいちこれは共有する、これはしないっていう面倒な選択肢をおいておいて、読んだものは全部見せちゃおうよ、というのが“Hearsay”のコンセプト。StartupDatingの平野さんが共有している記事は彼のTwitter(@kigoyama)を見ればわかるけど、それって必ずしも彼が読んでいる記事とイコールじゃないし、きっともっとたくさんの情報を収集しているはず。Hearsayならそれがわかっちゃうのだ。

まずユーザ登録をして(Facebookとの連携もある)、他のユーザをフォローする。フォローするっていうのは、その人が読んだすべてのニュースを見るってこと。ユーザの他にもTechnology、Sportsといったトピックをフォローできたり、実際のウェブサイトmashable, huffington postといったものをフォローできる。みんなが読んでいるニュースが自分のタイムラインに流れてきて、自分が読んでいるものがフォロワーのタイムラインに流れる。


使い勝手に関しては改善の余地がある気がする。記事なんかをスクロールするバーも少しわかりにくいし、個別記事の”read anonymously”をクリックするとそれは読んだものとして公開されない。記事のタイトルをクリックすると元記事に飛んで、それが読んだ記事にカウントされる仕組み。自分が読んだ記事はProfileで見られるよ。記事をいつ読んだのか、1日に読む記事の平均もでるみたい。