企業のソーシャルメディアキャンペーンの半数はユーザに届かず [調査結果]


企業が実施するソーシャルメディアキャンペーンの半数が消費者の耳に届いていないという“Digital Life 2012”という調査結果(TNS実施)。調査対象となったのは、60ヶ国の72,000人の消費者で、彼らがブランドや製品とオンラインでどのように接しているかを調べたもの。

その結果、デジタルマーケティングキャンペーンへの反応がもっとも低いのはイギリス人とアメリカ人であることが判明。米国とイギリスは60%前後が関心を示さず、反対に発展途上の市場ではその数字が低い。コロンビアは67%が関心を示し、メキシコは63%が関心を示す。

発展途上国の消費者の59%が、ブランドや製品について学ぶ場所としてソーシャルメディアを優れていると感じている。世界60ヶ国の平均は44%。とはいえ、オンラインのコメントやレビューの影響力は増していて、全体の半数がオンラインで製品やブランドについてコメントをした経験を持つ。

ソーシャルメディアマーケティングの受け入れ度合いについては以下のチャートを参照。

The Wall Street Journalの「Asia 200 Index」に入っている企業の81%がソーシャルメディアを活用しているものの(2010年から40%増)、戦略や長期的なプランが欠けているという結果が別の調査でわかっている。確認されたソーシャルメディアアカウントの62%がインアクティブだそう。単発や短期のキャンペーン用に使われ、その後放置されているケースが目立つ。

以下のチャートは、市場ごとの「活用されているソーシャルメディアチャネル」。

TNSの調査結果が動画にまとまったもの。いくつかのファクトをリストで。

  • 全体の51%が、オンラインは人とつながることを助けてくれると回答
  • ブラジルはオンラインでチャットすることを好み、友達の平均数は481人
  • フィリピンのユーザの36%が、リアルよりもオンラインの人間関係の方が満足できると回答
  • ヨーロッパはより保守的で、97%がリアルライフの友達
  • オンラインショッピングに使う時間は平均で週3時間
  • もっともオンラインで買い物をするのは中国人で週に5時間、3分の1がモバイルで購入
  • 全体の42%は、オンラインの方が自由に自分を表現できると回答
  • 全体の半数が毎週ブログを読んでる
  • 製品やブランドへのコメントを読む人の半数が、世界の反対にいる★1つのレビューがブランドへの評価に影響すると回答

[参照] TheNextWeb

*Newsletter

女の子のためのメールマガジンです。E-mailアドレスを入力してご登録ください。お楽しみに☆ (見本




*About Me

三橋ゆか里(Yukari Mitsuhashi)です。現在フリーでコンテンツの企画・編集、ライター、コンサルなどをしています。日経デジタルマーケティング、MarkezineJapan TimesTech in AsiaTechWaveなどで記事執筆。Startup Datingでは主に編集者。コンタクトは、yukari77[at]techdoll.jpまで。 [at]は@です。


Yukari77 Written by: