Fコマースから続々と撤退するブランドたち、Like数370万件でデイリー閲覧数1,500のとほほな現実


最近、Fコマースから撤退する大手ブランドが増えているらしく、Fコマースは失敗?といった類いの記事をよく見かける。これについて、そりゃそうだっていう根拠を“PostRocker”というサービスのファウンダーが解説していたので紹介しようかと。
*念のため、「Facebookコマース:Facebookというプラットフォーム上で展開するコマース」のこと

Bloombergの記事によると、Gap、J.C. Penney(衣料品店)、Nordstrom(ショッピングモール)、GameStopなどが昨年のうちにFacebookのショップを閉店。期待していた費用対効果がなかったため早くに閉める判断をしたところが多いよう。

GameStopは2011年4月にFacebookショップをオープンし、わずか半年後に閉店した。これだけLikeされているし、この人たちに対してコマースやったらすごいかも?!って期待を持って始めてみたFコマースがなぜ上手くいかないのか。

当たり前のことだけど、コマースはより多くのユーザがいればその分売れる。これは単体のEコマースサイトであろうとFacebookコマースだろうと変わらない。ここでは事例としてGameStopのFacebookページを見てみましょ。Like数は369万人を超えてるのです。

大きな数字なのは間違いない。でも大事なのは、このLikeのうちどれだけの人が実際にページを訪れているのか。BrandGlueによると、ファンの96%はLikeしたページに再び戻ることはないそう。またそもそもLikeの質の話もあったり。本当にそのブランドが大好きだからLikeしてくれている人は限られていて、いわゆるファンゲートのような手法もしくはFacebook広告などを活用して稼いでるLikeの方が圧倒的に多かったりする。

ファンゲートは、このページのコンテンツを見るならLikeしてね!というやり方。実際に上記のイメージにもあるように、GameStopはまさにその手法をとってる。このLike数を先ほどのページの再訪率で考えると、GameStopのFacebookページに戻る人はそのうち4%の148,000人ということになる。

もっと細かくいえば、GameStopがFacebookページでコマースを始めたのは昨年4月のことで、当時の彼らのファン数は約200万人。同じ計算をすると、再訪するファンの数は 108,000人に。

ファンではない人がFacebookページを訪れる可能性もあるにはあるのでそれも考慮して(GameStopの場合Likeしないと先に進めないから一応なんちゃってファンにならざるおえないけど)みると。Facebookページの1日の平均訪問数はトータルファン数の0.7%といわれ、ユニーク訪問数は総ファン数の0.4%だそう。

と考えると、GameStopのFacebookページのユニークユーザ数は15,000人で、閲覧数は26,000ほどということになる。本家サイトGamestop.comのユニーク訪問者数は月間540万(Compete調べ)くらい、1日にすると18万ページビューくらい。本家サイトの方が12倍くらいのトラフィックがある。

さらに、Facebookページでコマースをやるにはタブアプリを使う必要が。ランディングページになっていないタブアプリケーションの閲覧数は、全閲覧数の1%から10%しかないそう。10%はよっぽど魅力的なキャンペーンなどを行っている場合で、こんなタブはなかなかない。GameStopのタブがすごく面白かったと前向きに仮定してCTRは5%とすると、タブ(ショップ)の閲覧数は1日1,300くらい。

まとめると、約370万人のファンがいるGameStopのFacebookページにあるFコマースタブの閲覧数は、たったの1,500ということに。これじゃあ当然ビッグビジネスにはならないよね…ECの平均コンバージョンが2.2%だとして(Shop.orgによる)計算すると42件の注文だもの。よっぽど「ソーシャル」だから意味があるような買い物の提案をしないと。

前にmixiの川岸さんに取材させていただいたときは、例えば「pray for japan」でそれぞれのアルファベットのTシャツをつくってみんなで買って一緒に着ないと成立しないような面白いアイテムを販売するとかって話があったり。

あとはせっかく友達がいるんだし、洋服でもアクセサリーでも友達にこれいいじゃん、似合いそうとかってレコメンドがもらえるとか。異性の友達に○○これ似合いそう!とかってすすめられたら買っちゃっうとかね。

Facebookでただ商品を並べても上手くいかないのはわかったのだから、もう少し面白い仕掛けにどこかチャレンジしないかな。でもこれはFコマースに限った話じゃなく、オンラインコマース全体に言えることね。

*Newsletter

女の子のためのメールマガジンです。E-mailアドレスを入力してご登録ください。お楽しみに☆ (見本




*About Me

三橋ゆか里(Yukari Mitsuhashi)です。現在フリーでコンテンツの企画・編集、ライター、コンサルなどをしています。日経デジタルマーケティング、MarkezineJapan TimesTech in AsiaTechWaveなどで記事執筆。Startup Datingでは主に編集者。コンタクトは、yukari77[at]techdoll.jpまで。 [at]は@です。


Yukari77 Written by: