商品ページのFBやTWボタンは、オンライン購入判断に潜在的に影響[研究結果]


マイアミ大学が行った研究結果で、ECサイトなどの商品ページにFacebookやTwitterボタンがある場合、消費者がその商品を購入する可能性が高まることが判明したそう。正確には、商品の種類で購入確率が高まるものと、逆に下がるものがあった。

例えば下着やにきびケアなどコンプレックス商品の場合、ソーシャルメディアのボタンがあることで購入する確率は25%減少。反対に持っていることが自慢になるような商品、具体的にはスポーツウェアとか男性の香水などは、ボタンがない場合に比べて購入確率が25%上昇した。これは”Magaseek”の商品ページ。見やすい場所にボタンが設置されてる。

今回の研究の対象となったのは約200人の消費者。消費者にはSNS共有ボタンがあったりなかったりする商品ページなどを閲覧してもらい、それぞれを購入への意志を確認。マイアミ大学のマーケティング学科の助教授によると、これは潜在的なもので、ソーシャルメディアで共有するボタンがあることでSNSの友達などから見られている感覚が生じ、それが購入判断に影響するそう。

25%上下に影響がでるものの、そもそもソーシャルメディアのボタンを見たことを記憶しているかどうかは関係ないそう。自分たちの意識を越えて、散在的に影響を受けていることになる。願わくばツイートして商品を広めてほしいけれど、ただ共有ボタンを設置しておくことにも意味があることになるね。

そういえば、”Snapette“というお店のアイテムを写真に撮って共有するアプリがある。ファウンダーのSarahと話をしていたとき、特にそう意図したわけではないけれど、結果としてハイエンドなブランドのアイテムが共有されるアプリになったと言ってた。これも、共有する=見られるという意識でこれ安いでしょ!っていう共感より、Gucciの靴素敵じゃない?みたいな共感が生まれやすいのかも。

これはEtsyのボタンの位置。いちばん下に設置されているけれど、商品イメージと同じビューで見られるからこれもイケそうね。自分のオンラインショッピングの動向を振り返っても、それなりに納得感がある気がする。

*Newsletter

女の子のためのメールマガジンです。E-mailアドレスを入力してご登録ください。お楽しみに☆ (見本




*About Me

三橋ゆか里(Yukari Mitsuhashi)です。現在フリーでコンテンツの企画・編集、ライター、コンサルなどをしています。日経デジタルマーケティング、MarkezineJapan TimesTech in AsiaTechWaveなどで記事執筆。Startup Datingでは主に編集者。コンタクトは、yukari77[at]techdoll.jpまで。 [at]は@です。


Yukari77 Written by: