Google、背景で聞こえる音をベースに広告を出す技術の特許を申請

Googleさんが新たに特許取得を申請した技術がすごい。携帯で話しているバックグラウンドで聞こえる音を解析して、その環境をベースに適切な広告を出すというもの。

例えば、家の近所が工事中だったとする。家で友達に電話をかけているバックグラウンドで工事の音が聞こえると、それを特定して防音ガラスの広告が出るみたいな。雨が降っている音を解析して、片手で開ける傘の広告を出すとかとか。

また、電話のバックグラウンドの音だけじゃなく、撮った写真や動画のバックグラウンドも解析して同様にするみたい。雪の中で写真を撮った場合、雪かきスコップの広告が表示されたり。特許申請をしたからといって必ず現実になるわけではないけれど、可能性はなしじゃない。

Googleは株主総会で、音声認識を使った同様のサービスを紹介してる。ユーザの声認識し、会話の内容に応じて適したサービスや製品を音声(Whisper:ささやき)で提案する。


New Google Phone Service Whispers Targeted Ads Directly Into Users’ Ears