Facebook、Twitter、Youtubeのマーケティングキャンペーンを金曜日に始めてはいけない理由

ソーシャルメディアを使ったキャンペーンを実施する最適なタイミングについて、YesMail Interactiveが実施した調査。3ヶ月間、Abercombie & Fitch、The Gap、Forever 21などメジャーブランド20社をターゲットに行われた。

キャンペーン開始に最適なのは火曜日、避けたい金曜日

多くのソーシャルメディアキャンペーンが開始されるのは金曜日。ところが調査では、火曜日に始まったキャンペーンのエンゲージメントが最も高いことが判明。線で表現されているのがキャンペーン数、緑の棒はエンゲージメントを表してる。エンゲージメントという意味では金曜に開始することを避けたいことがわかる。

キャンペーン数はエンゲージメントの高さに比例しない

また、キャンペーンは数が多ければいいというものでもない。Facebook、Youtube、Twitter、Eメールなどクロスプラットフォームで行ったキャンペーンは、よりエンゲージメントが高いそう。

今回の調査対象となったブランドでエンゲージメントが高かったトップ5は、Ann Taylor、The Limited、Ralph Lauren、Eddie Bauer、Banana Republic。これらのブランドは、反対に低かったForever 21、Urban Outfitters、H&M、The Gapが行うキャンペーン数の半分しか実施していない。これはターゲットの年齢層にも関係ありそう。

また、同じ企業の異なるブランドでエンゲージメントにかなり差があることが発覚。例えばBanana Republicはファン数74,000、フォロワー数5,500人と数は少ないものの、そのエンゲージメント率は非常に高い。反対に同じGap Inc.が運営する別のブランドThe Gapのファン数250万、Twitterのフォロワー数は154,000人と膨大であるものの、エンゲージメント率はとても悪い。企業内の情報共有などをきちんと行うことの重要性を示してる。

黒い線がLike数やフォロワー数、緑の棒がエンゲージメントスコア。

より準備が求められるYoutubeのキャンペーン

ソーシャルメディアチャネルの中でも、キャンペーンの実施が最も困難なのがYoutube。調査を実施した3ヶ月のあいだ、キャンペーン数が右肩上がりで増えていった一方、平均的なエンゲージメントは徐々に下がっていった。 Youtubeは特に準備が必要で、ちょっとした動画を投稿して運が良ければバイラルがかかるかもなんて淡い期待は抱かない方が良い、と。

キャンペーン開始に最適な時間帯

エンゲージメントが高いキャンペーンが開始された時間帯は、午後10時〜12時だったそう。ところがこの時間に開始されたキャンペーンの数は少ない。Twitterのキャンペーンを開始するベストな時間は、午前5-6時と午後7-8時だった。ところが、実際のTwitterキャンペーンの84%が午前9時〜午後7時のあいだに開始されてる。

ブランドキャンペーンの多くが、マーケティング担当者の仕事時間内に実施されている。そうではなく、顧客にとって最適な時間がいつなのかを念頭に置く必要がある。