Chromeのプラグイン“OneTab”、待ってました

百式のメルマガで知ったChromeのプラグイン“OneTab”、まさにこういうの待ってましたー。

ずらーり開いたタブを、一枚のページにリンク集にまとめてくれるの。もちろんそこから再度ページを開くことができる。他にもそのページを丸ごと共有できたり、エキスポートもできるそう。これでChromeの重いタブ祭りにさよーなら。

(あ、「あなたのスマホホーム画面見せてください」ならぬ、Chromeのタブを見せてくださいになった↑)

みんなも同じかな?一度キーワードが頭に入ると、不思議とそれに関連する記事やツイートが目に入ってくるようになる。だから比較的情報収集には困らないけれど、見つけたものを必ずしもスグその場で読めるわけじゃないし、とりあえずタブで残しておいちゃう癖が…。

ブックマークを昔は使っていたり、Evernoteにクリッピングをしていた頃もあるけれど、やっぱり“わざわざ”見にいかないのです。必要に迫られないと。だから結局クリッピングしてないも同然になっちゃう。特定のプロジェクトがあって、そのための資料とかはさておき、“あと読み”なんてものはほぼ機能しない…少なくとも私にとっては。

最近はかなり原始的なやり方に戻っていて、面白い記事やツイートを見つけると、それをひとまず自分の仕事メールに転送するの。で、仕事メールなので未読のままにはできず、どこかのタイミングで見返す。

なーんてことをしている私にとって、大量のタブをまとめてくれて、さらに一覧性も高めてくれるOneTabはかなり使えそう。みんなもお試しあれ。

※ちなみに、Macの場合、一覧にあるリンクを[Command⌘]で新規タブとして開くと、一覧にページが残ったままにできるよ。普通にクリックしてタブを開くと、一覧から消えてしまう。