Facebookに絵文字が登場?Like!以外の選択肢で、ネガティブな感情も共有されるようになる?

Like!で、ポジティブな感情がシェアされるFacebookが、ネガティブな感情(Dislike)にも対応するそうよ。絵文字さんで。

facebook-emoji

feelingってタイプすると、200種類の絵文字が出て来ていまの気持ちにあったものを選ぶらしい。例えば、恥ずかしい、寂しい、怒ってる、うしろめたいなどなど。もちろん、ポジティブな絵文字もある。FastCompanyによると、この機能は過去数週間でテストされていて、もうじき全ユーザに公開されると。日本にいつくるかは定かじゃない。

試験期間中にわかったことは、これまでFacebookではポジティブなことが多くシェアされていたけれど、絵文字が追加されたことで幅広い感情がシェアされるということ。適切な選択肢があれば、人は嬉しい時も悲しい時もそれをFacebookでシェアするらしい。

つい先日、Startup Datingの英語版で“Stamp Messanger”というアプリのリリースを記事にした。Facebookメッセージで絵文字(LINEのスタンプみたいな)がやり取りできるサービス。これ、Facebookがやれば良かったのにねって話してたところだった。Stamp Messangerはこんな感じ、以下の動画でどうぞ。

もちろん日本人が「絵文字」と聞いて想像するものとはほど遠い、でもPathの絵文字よりはいいかなっていうくらいのもの。ちなみに絵文字は英語でまんまEmojiだったり、Emoticonsって表現されることが多い。だから、アメリカ人の友達はEmojiの”Emo”はemotionの省略かと思ってたんだって。なるほど。