もし、違う国に生まれていたら?祖国と他国をデータで比較できる「IF IT WERE MY HOME」

Cities 0 comments

どこの国に生まれてくるかは、くじ引きを引くようなもの。それですらない。コントロールの範疇を完全に超えているのだから。「If It Were My Home」は、もし違う国に生まれていたら、そこでどんな生活が待っていたのかを教えてくれるWebサイト。

現在地を拾ってくれるから、例えば、わたしならアメリカと世界各国とを比較できる。祖国は自分で選ぶことも。国土比較、歴史の概要、細かい生活水準の違いなどが一覧になって出てくる。

Japan-and-US-size-comparison

例えば、アメリカではなく日本があなたの祖国だったなら、

  • 非雇用になる確率は43.84%下がる
  • 4.9年長く生きる
  • 刑務所に入る確率は92.98%下がる
  • 収入は29.73%下がる
  • 医療保険にかける金額は46.58%下がる
  • 誰かに殺される確率は92.11%下がる
  • 電力使用量は44.5%下がる
  • オイルの消費量は40.61%下がる
  • 幼少期に命を落とす確率は65.48%下がる
  • 自由時間は3.05%増える
  • 階級の差を味わう可能性は16.44%下がる
  • HIVやAIDSに感染する可能性は83.33%下がる
  • 子供の数は39.87%下がる

などなど。世界各国と比較することができるで、いろいろ比べてみると面白そう。