スーパーで買ったものの栄養データを色で視覚的に表示するレシート

Hayden Peekというデザイナーさんが考案したという、スーパーで食材を買った時用のレシート。でも、ただのレシートじゃない。買ったばかりの商品の栄養データを視覚的に見せるというもの。

誰でも馴染みのある信号と同じ赤・青・黄を用いて、栄養分が高いものは青、低いものは赤といった具合に一目でわかる仕組み。レシートに赤ばかりが並んでいたら、もう少し食べるものに気をつけましょう危険信号に。

WHOは、2030年までにイギリスの男性の74%、女性の64%が太り過ぎになるだろうと予測してる。買い物をした直後というタイミングに、自分の食についてリマインドしてもらえるのは個々人が改善を意識するすごく良いきっかけになるはず。