不恰好だって美味しいもん、自宅に新鮮野菜が届く「Wonky Vegetables」

fordolls 0 comments

スーパーの店頭販売など、通常の流通網でははじかれてしまう不恰好なお野菜たち。結果として、イギリスでは実に40%の廃棄物が生まれているとか。

見た目は醜いアヒルの子だって、味はたしか。そんなもったいないを無くすために立ち上がったのが、イギリスの「Wonky Vegerables」。本来なら廃棄されてしまう野菜をまとめてパッケージして、自宅まで直接届けてくれる。

毎週、じゃがいも・にんじん・玉ネギといった定番から、季節ごとの野菜を含む決まった量の野菜が届く。2人で食べて1週間ほどの消費量にあたる4Kgの定期購入は、5ポンド(約813円)。その他のデリバリーに比べて、最大57%もお安い。

定期購入者に安定した量が届くよう、Wonky Vegetablesでは必要量に15〜20%を足した野菜を農家に発注。あまった野菜は、フードバンクを通して貧困家庭の食卓に並ぶ仕組みだそう。

送料3.99ポンド(約650円)を入れたとしても、一週間のお野菜コストは約1,500円。食料廃棄の削減につながるだけじゃなく、農家、また貧困家庭を支援することにもなるのは素敵ね。