スマホをいじらない時間を社会貢献の時間に変えられる「Do Nothing Do Good」

その他 0 comments

デジタルデトックスなんて言葉が聞かれるようになって久しいけれど、日常生活の中に完全に組み込まれてしまっているスマホをいじらないでいるのはなかなか至難の技。

そこで、アメリカのクリエイティブエージェンシー「&Barr」が開発したのが「Do Nothing Do Good」というアプリ。有限の「時間」というリソースをより大切にしてほしいという思いから誕生したもの。

とってもシンプルで、アプリを立ち上げたらタップしてタイマーをスタート。タイマーが、スマホを触らないでいられている時間を計ってくれる。1時間、1時間30分、2時間…とDo Goodな時間が蓄積されていく。

最終的に集まった、「スマホを顔を埋もらることなくいられた時間」を、&Barrがボランティア活動に捧げてくれるそうよ。

Do Nothing Do Goodは、iOSAndroidでダウンロードできるので、お試しあれ。