サンディエゴで開催されるクリエイティブの祭典「Adobe MAX」に行ってきます

(image via. Victoria Siemer

今年は、「Oracle HCM World」@シカゴ、「GitHub Universe」@サンフランシスコに行ってきましたが、年内の大規模イベントの締めくくりに(なるはず)、「Adobe MAX」に行ってきます。初サンディエゴです。

60カ国から7,000人を超える参加者が集まる大規模カンファレンス。デザイナーやクリエイターによる参加が多く、Adobes製品の新機能発表にとどまらず、実践的なノウハウやインスピレーションを与える場として年一回開催されています。

それが大企業でもスタートアップでも、組織にとってクリエイティブの重要性は増すいっぽうです。

前述のオラクルのカンファレンスでは、ユーザーエクスペリエンスの責任者に取材する機会がありました。消費者がデザインや使い勝手にうるさいのは今も昔も変わりませんが、B向け事業を展開する企業にとっても、製品のデザインを磨くことによる「使い勝手」が他社に対する競合優位性だという話がありました。

このテーマは、直接デザインに関わる人でなくても広く関心が持たれているはず。ということで、Adobe MAXでは、汎用的な内容をテーマにしたセッションを中心に参加してこようと思っています。

今のところ興味があるのは以下のセッション。これも面白そうやんという内容があれば、ツイートなりFacebookなりで教えてください。

  • 11/2 13:45〜 “Cultivating the creative spark” OR “The Creative Team of the Future”
  • 11/2 14:45〜 “1% Inspiration, 99% Design Thinking”
  • 11/2 17:15〜 “Creating Better Together”
  • 11/3 12:45〜 “Success is a choice: Building Creativity and Leadership in Your Team”
  • 11/3 14:30〜 “7 Things Every Designer Should Know Before Becoming a Creative Director”

そうそう、9月には日本でもAdobe MAX Japanが開催されました。その内容については、LIGのレポート記事や林信行さんのメモなどをご覧ください。

セッションはもちろんのこと、インタラクティブな展示なども多いようなので今から楽しみです。