音声版フォトショ?人に言いたいことを言わせちゃえるAdobeの「#VisualSearchEditor」

お、なんと。今回のこの記事は、タイトルを先に決めちゃってから中身を書く順番にしてみましたが、CNETの山川昌之さんの記事とタイトル丸かぶり。

「スピーチを自在に編集できる”音声版Photoshop”登場か–アドビが開発中の機能を披露」

Adobeが開催するクリエイティビティの祭典「Adobe MAX」2日目の夜に開催されたAdobe Sneaks。要は、まだ試験開発段階の新技術をチラ見せする場です、はい。

いろんなチラ見せが多くて、かなりの興奮ものでした。会場も超盛り上がっていたし。各チラ見せの詳細は、山川さんの記事をご参照ください。

その中でも、およよと思ったのが「#VisualSearchEditor」というサービスでした。@Nobiさんも、こんな風にリアルタイムにツイートされていた模様。

なんと、VisualSearchEditorを使うと、人の発言の内容を自由自在に編集することができちゃいます。ステージの上で例文としてあげられていたのは、以下の発言。うろ覚えですがこんな感じだったはず…。

“I wake up in the morning and I kiss my dogs and my wife, in that order.”(朝起きると、犬にキスをして、妻にキスをする。この順番通りにね。)

ステージ上のプレゼンターは、「これを奥さんに聞かれちゃまずいでしょ」と笑いながら、エディターを使って”I kiss my wife and my dogs”と言葉の順番をさくっと変えてみせてくれました。これなら奥さんに聞かれても大丈夫です。

また、VisualSearchEditorを使うと、どうやらその人が実際に発言していないことまで言わせることができてしまうらしい。これを実現するためには、その人が話している20分ほどの音声データが必要ということですが、それくらいなら容易に準備できてしまいそう…。

ワクワクする技術なのはたしか。好きな俳優に愛の言葉を囁いてもらうなんて可愛い使い方がされるならいいけれど、悪意のある使い方も十分に想定できるので、その辺にどう対応していくのかは要チェックですな。

VisualSearchEditorの説明動画をご覧くださいませ。