Category:

モバイル

スマートフォンは、消費者がリアル店舗で買い物をする際も使われているという調査結果。Mashableによると、米国の大手スーパーマーケットのTargetは店舗にチェックインをしたり商品をスキャンした来店者にギフトカードなどのリワードを提供することでスマートフォン利用を促進しているそう。

Emphaticaが最近行った米国のインターネットユーザ6,500人を対象とした調査(52%がスマートフォンユーザ)では、55%の人がリアル店舗で価格比較をするためにスマートフォンを利用していることが判明。34%がQRコードをスキャンしたことがあり、購入を決断する前にネットのレビューを確認した人が27%いる。店舗でアプリをダウンロードした人も19%。

Read Moreスマートフォンユーザの55%がリアル店舗で価格比較を行っている?[調査結果]

Googleさんが新たに特許取得を申請した技術がすごい。携帯で話しているバックグラウンドで聞こえる音を解析して、その環境をベースに適切な広告を出すというもの。

例えば、家の近所が工事中だったとする。家で友達に電話をかけているバックグラウンドで工事の音が聞こえると、それを特定して防音ガラスの広告が出るみたいな。雨が降っている音を解析して、片手で開ける傘の広告を出すとかとか。

また、電話のバックグラウンドの音だけじゃなく、撮った写真や動画のバックグラウンドも解析して同様にするみたい。雪の中で写真を撮った場合、雪かきスコップの広告が表示されたり。特許申請をしたからといって必ず現実になるわけではないけれど、可能性はなしじゃない。

Read MoreGoogle、背景で聞こえる音をベースに広告を出す技術の特許を申請

周りにいっぱい居るスマホアプリをつくってる人の参考になりそうなのでいっちょ。Twitterに連携されたモバイルアプリの方がFacebookに連携されたそれに比べて3倍の「共有」が生まれるというデータ。Localyticsが行った調査。

2011年の1月から7月の期間中、FacebookとTwitterに連携させた500人以上のアクティブユーザを持つモバイルアプリを検証。Android、 iPhone、iPad、BlackBerry、Windows Phone 7のすべてのアプリの20%がFacebookもしくはTwitterと連携させていることが判明。もっとも人気が高いソーシャルネットワークはFacebookで全体の10%がFBだけに連携。Twitterだけに連携させているアプリは全体の1%に留まった。2つともに連携させているアプリは9%。

Read Moreモバイルアプリ、Twitter連携の方がFB連携よりもユーザ間の共有量が3倍

今日は毎週火曜にお届けしているUST番組”LooopsTV”のキャスターをつとめてきました。今日はゲストにヒット書籍「ザッポス伝説」を翻訳監修された本荘さんが登場。最近もZappos本社に行ってきたという本荘さんに教えていただいた新広告をご紹介します。

伝説の企業文化や究極の顧客サービスを生み出す”Zappos”。意外と歴史は長くて創業から10年。結局アマゾンに買収されたけれど、年商10億ドル以上の靴のECサイト。もともと靴の販売がメインだったけれど、どんどん商品のラインナップを増やしてる。

そんなメッセージ、”We offer more than shoes”を伝えるための広告が今回紹介したいもの。なんともまあインパクトがあるのです。でもインパクト以上にインタラクティブな要素もあるのが素晴らしいところ。広告にQRコードを挿入することで、広告の何もまとっていない女性に洋服や靴をはかせられちゃうの。

Read Moreメッセージ性があってインタラクティブなZapposの新広告がすばらしい

2010/11/25 / / モバイル

今年のホリデーシーズン、iPhoneは欲しいものリストのトップではないようだ。ニールセンが行った調査結果。iPhoneではないスマートフォンへの関心が高まっています。これは、AT&TさんのおかげでiPhoneがアメリカの3分の1でしか使用できないことに起因しているかもしれない。もしくは、アンドロイドがこれまでになく魅力的な商品になっているのかもしれない。

Read More子どもから大人まで、今年のクリスマスに欲しいのはアンドロイド